美鼻術

HOME > 美鼻術

美鼻」は、美人・美男の絶対条件です。
すっと通った鼻筋、キュッとしまった小鼻、ほどよい高さのある鼻などが必要になってきます。
 

美鼻の基準


美鼻の基準としては、額、鼻、口アゴが3等分されるのが理想とされています。
図のよう、横顔で、鼻が美しい角度を持つことも重要です。
 
 

美鼻術の基本

低い鼻先(鼻尖)を美しくするために、当院では鼻中隔延長術を用いています。この鼻中隔延長術には、長さを出す鼻中隔延長術と高さを出す鼻中隔延長術があります。
高さを出す鼻中隔延長術は、元々の鼻翼軟骨の下に隠れて支えているので移植軟骨の形が浮き出ることはありませんので自然な鼻先(鼻尖)になる利点があります。

 これに対して、鼻尖部の耳の軟骨移植では、手術後しばらくしてから軟骨の形が浮き出る欠点があります。

鼻先(鼻尖)を美しくしてから、短いI型シリコンプロテーゼで鼻背部を高くします。最近は、眉間にゴアテックスを併用することも多いです。

 
 

美鼻の症例写真集

1. 短い鼻を長くし、アゴをVラインにすっきりしました

 

 以前他院で、シリコンプロテーゼによる隆鼻術と鼻尖縮小術、アゴプロテーゼ、注入系での口唇増大術を受けられました。 
今回、鼻中隔延長術、シリコンプロテーゼをゴアテックスに変えた隆鼻術、ゴアテックス眉間増大術、鼻翼基部プロテーゼ(法令線プロテーゼ)、アゴプロテーゼ抜去、アゴ(オトガイ)水平骨切り前進術、アゴV字ライン骨切り術、ヒアルロン酸注射による涙袋形成術を受けられました。
これだけの複合手術を受けられても、当院での低価格治療では他院に比べびっくりするほど安い治療費です。たくさんの手術を組み合わせるほどお得感が増します。
 

2. 鼻先を美しくし、小鼻をキュッとひきしめました

法令線(法令線)が気になるので、肋軟骨使用による鼻翼基部増大術(法令線プロテーゼ)を受けたいとのご要望でした。
鼻翼基部増大術では鼻の穴が横に広がり、また、ノーズアップ(鼻先が上を向く)になりやすいことをインターネット情報でお知りになり、鼻翼縮小術内側法と鼻中隔延長術をあわせて受けられることになりました。また、以前、他院でシリコンプロテーゼでの鼻の手術を受けられておられますが、シリコンプロテーゼはそのままにして鼻中隔軟骨使用による鼻中隔延長術を施術いたしました。鼻中隔延長術は鼻柱を切開しないクローズ法を採用しました。

手術後、鼻尖が伸び自然な鼻筋になりました。また気にされていた法令線も目立たなくなり、鼻翼全体が頬より前に出て鼻先が伸び、全体として調和のとれたきれいな鼻になりました。
 

3. 眉間ゴアッテックス+ I型シリコンプロテーゼ+高さを出す鼻中隔延長術

5年前に他院で、鼻のI型シリコンプロテーゼによる隆鼻術を受けられたそうです。患者様の希望としては、東洋人離れした眉間から鼻先まで伸びたグッと高い鼻になりたいという事でした。
ご要望等伺った上で、話し合った結果、高さを出す鼻中隔延長術(鼻先を延長する手術)プラス眉間ゴアッテックスを行う事となりました。鼻中隔延長術の際、鼻中隔軟骨での延長を当院ではオススメしておりますが、モニター患者様の場合鼻中隔弯曲症の手術により鼻中隔軟骨が既に切除されておりますので鼻中隔軟骨は使用できませんでした。そこで今回、肋軟骨による鼻中隔延長術を行ないましたI型シリコンプロテーゼはそのままで良いとのことでしたが、少し曲がっていましたので真っ直ぐにしました。
 


I型シリコンプロテーゼを入れ直したので曲りもなくなり、鼻先の延長と眉間を高くした事により全体的にシュッとしたシャープな印象のお鼻になりました。患者様の希望によりオープン法での手術を受けられましたが、鼻柱の傷跡もキレイに治っていました。インターネットでの、当院の風評被害を大変気にされていましたが、実際にカウンセリングを受けられ、説明に納得いただき、今回手術を受けて下さいました。手術結果には、大変満足していただきました。
 
 

美鼻術の4つのパート

鼻にシリコンプロテーゼ(シリコンインプラント)を入れるだけが鼻形成術、鼻整形ではありません。
鼻の手術を受ける方の希望は多種多様です。一人一人に合わせた、その方にふさわしいオーダーメイドの鼻形成術が大切です。鼻は、1.鼻背(びはい、鼻筋、はなすじ)、2.鼻尖(びせん、鼻先、ティップ)、3.鼻柱(びちゅう、鼻橋)、4.鼻翼(びよく、小鼻)、の4つのパートに分けて手術計画をします。さらに眉間(みけん)や鼻の下、アゴ先も隣接するパートであり、鼻の美しさに影響します。

 

(1)鼻背

眉間から鼻先までを結ぶエステティックライン、はなすじを整える手術を行ないます。低鼻を治し鼻筋を高くするためには、シリコンプロテーゼ、ゴアテックス、あるいは筋膜軟骨などの自家組織を使用した隆鼻術(りゅうびじゅつ)を行ないます。逆に、ワシ鼻を治すため鼻骨を削ったり(ワシ鼻手術)、軟骨切除をする整鼻術(せいびじゅつ)があります。鼻筋を細くするには、鼻骨骨切り幅寄せ術を行ないます。また鼻が曲がっている斜鼻(曲り鼻)を治す矯正術があります。
 

(2)鼻尖

団子鼻や垂れた鼻先を矯正するための鼻尖縮小術や鼻尖挙上術(軟骨移植術)があります。埋没法(皮膚を切らずに糸で縫うだけ)による方法もありますが、多くは切開法で行います。鼻翼軟骨の一部を除去するだけでは十分に改善しませんので、鼻先の余分な軟部結合組織を切除し、正中で鼻翼軟骨を縫合する必要があります。さらに支持力を上げるために鼻柱軟骨移植を行ないます。また鼻尖は三脚理論で考えられています。三脚のそれぞれの脚を縫合法で長くしたり短くしたりして鼻尖を上下、前後に回転させるのです。微妙なテクニックが要求されます。
鼻中隔延長術は、鼻尖の位置や形をコントロールするのに最適な方法であり、最近では鼻尖手術に欠かせない方法となりました。他院で行われた鼻尖縮小術や鼻尖拳上術の修正は、鼻尖修正術となります。
 

(3)鼻柱

鼻を横から見た時に鼻柱が鼻の穴に覆われるように引っ込んでいたり(鼻柱後退)、逆に垂れ下がるように出すぎている状態(鼻柱下垂)を矯正する手術を行います。鼻柱後退を改善させるのに鼻柱下降術(軟骨移植や鼻柱基部プロテーゼ)を行います。これにより鼻唇角形成効果がでます。鼻柱下垂を改善させるのに鼻柱挙上術(鼻中隔軟骨切除や鼻翼軟骨内側脚と鼻中隔軟骨との縫合。鼻中隔延長術後に長くなりすぎた鼻を修正することにも応用します。)を行います。太い鼻柱の肉厚を細くする鼻柱減幅術もあります。
 

(4)鼻翼

鼻翼縮小術(小鼻縮小、アグラ鼻手術)には、鼻翼の横への張り出しを治す鼻翼縮小術外側法、鼻の穴の大きさを小さくする鼻翼縮小術内側法、鼻翼の左右幅を小さくする鼻翼間縮小術(ループ法、フラップ法)があります。鼻翼の肉厚を薄くする方法として鼻翼減幅術があります。鼻翼を総合的に小さくするには、3D型鼻翼縮小術を行います。鼻孔縁を上げるためには鼻翼挙上術(鼻孔縁拳上)、下げるためには鼻翼下降術(皮膚軟骨のコンポジット移植、鼻孔縁延長)を行います。鼻翼基部増大術(シリコンプロテーゼや軟骨移植)は、鼻が顔の中に埋まっているように低い方に適用されます。
 

(5)その他

鼻根の上方は眉間(みけん)と呼ばれ、隆鼻術に合わせて眉間増大術(筋膜やゴアテックス)を行うと効果があります。プチ整形としてヒアルロン酸注射による眉間増大が行われます。また、鼻柱の下方は鼻の下になり、ここを切除する鼻の下リフト(人中短縮術)で鼻の下を短くすることができます。横顔で、鼻先とアゴ先を結んだ線はEラインと呼ばれており、アゴ先も鼻形成に影響します。

メール相談
 
アネシスオフィシャルサイト
 
アネシス料金表
 
 
アネシス美容外科
 
アネシスブログ