鼻部全体複合移植術

HOME > 鼻部全体複合移植術

短鼻に対しては鼻中隔延長術が行われるようになり、よい結果が出てきました。
しかし、低鼻(鞍鼻)に対する隆鼻術では、多くの美容外科で今なおシリコンプロテーゼが使われているのが現状です。シリコンプロテーゼは手術した直後から短期的には良好な結果が得られるのですが、人間の体にとって異物ですから数年ないし数十年と長期的にみると異物反応が出てきます。特に被膜拘縮と呼ばれる副作用です。これはシリコンプロテーゼのまわりに被膜という衣のような線維組織ができ、石灰化を伴い、これが縮み上がり短鼻を起こすのです。
 

シリコンプロテーゼ、ゴアッテックスを使わない鼻の手術

 次第に鼻の皮膚に影響が及び、皮膚が硬くなってしまうと、シリコンプロテーゼを抜去しても硬くなった皮膚は不可逆性であり、もう元の軟らかい皮膚に戻らないのです。再手術が不可能な訳です。これがシリコンプロテーゼの最大の欠点または副作用になります。シリコンプロテーゼで手術を受けられ、その結果に満足されたにもかかわらず被膜拘縮の症状が出てきて皮膚が硬くなる傾向が出てきましたら、自家組織による再手術も検討しなければなりません。シリコンプロテーゼをL型からI型に変え、鼻尖部に軟骨移植や鼻中隔延長術を併用する手術が流行していますが、シリコンプロテーゼを使っていることには変わりはなく、シリコン鼻の状態であり、長期的にみると安心というわけにはいきません。この重大な副作用を起こさないように自分の体の一部を使う自家組織移植は安心と言えます。
 
 隆鼻術に使われる自家組織移植には、肋軟骨、耳軟骨、鼻中隔軟骨、腸骨、頭蓋骨、肋骨、筋膜、真皮があります。当院では軟骨と筋膜による隆鼻術をお勧めしています。鼻中隔軟骨は鼻中隔延長に使うことが多く、隆鼻術では他の軟骨を利用することになります。自家組織移植の副作用としては、変形と吸収が指摘できます。肋軟骨は吸収がほとんどなく安定していますが、曲がり変形という欠点があります。これに対しては手術中に変形を防止するように肋軟骨の切り出し方に工夫をしております。また肋軟骨は軽度から高度な低鼻にも治療ができ、シリコンプロテーゼでは無理なぐらいかなり鼻を高くすることも可能です。肋軟骨移植では、手術により気胸の合併症を起こすおそれがありますが、当院の医師は以前、胸部外科医として働き、漏斗胸の手術にも経験が豊富であり、万が一、気胸が発生してもすぐに対処できます。
 
 真皮移植は軽度の低鼻に適応されます。耳軟骨は元々曲がっていますので、これを手術中にまっすぐに矯正しても手術後に徐々に本来の形に後戻りして曲がり変形をおこすことがありますので、切り出し方法に工夫を加えたり、細片軟骨化して使います。耳軟骨は鼻尖によく移植されます。
 
 鼻部全体複合移植手術では、鼻背部に肋軟骨による隆鼻術あるいはコンポジット隆鼻術、鼻尖部には鼻中隔軟骨による鼻中隔延長術、耳軟骨による鼻尖挙上術を行うことを標準術式としています。さらに眉間には筋膜移植を併用することもできます。理想的な隆鼻術であり、総合的鼻形成術と考えております。すでにシリコンプロテーゼが入っており、その出来栄えに不満をお持ちの方や、シリコンプロテーゼのような異物を使うことを心配されている方は、ぜひ当院の手術法も検討してみて下さい。鼻の手術は各パーツで受けられるよりもお顔のバランスを考えながら鼻全体として治療を受けられる方が、料金が安くなり、満足度も高くなります。

■鼻部全体複合移植術

他院で、鼻尖縮小術とL型シリコンプロテーゼ手術を受けられました。今回当院で、L型シリコンプロテーゼを除去し、肋軟骨による隆鼻術+鼻中隔延長術+筋膜包み細片軟骨移植術+耳軟骨による鼻尖軟骨移植術の鼻部全体複合移植術(隆鼻延長術ともいいます)を受けられました。

メール相談
 
アネシスオフィシャルサイト
 
アネシス料金表
 
 
アネシス美容外科
 
アネシスブログ