参考情報

HOME > 参考情報

Dr.水野の鼻形成術海外研修履歴

2003年3月6日~8日

米国第20回ダラス鼻形成術シンポジウム Dr. Rod Rohlich主催

2004年4月7日~10日

韓国シミアン鼻形成術コース Dr. Dong-Hak Jung主催

2004年10月14日~16日

オランダ第11回国際最新鼻形成術コース Dr. Nolst Trenite主催

2004年11月13日~14日

韓国第8回国際鼻形成術ワークショップ Dr. Dong-Hak Jung主催

2005年6月26日~30日

米国シカゴ鼻形成術学会 Dr. Dean Toriumi主催

2005年11月26日~27日

韓国第9回国際鼻形成術ワークショップDr. Dong-Hak Jung主催

2007年11月25日

韓国第11回国際鼻形成術ワークショップDr. Dong-Hak Jung主催

2008年11月29日~30日

韓国第12回国際鼻形成術ワークショップDr. Dong-Hak Jung主催

2009年6月20日~21日

韓国第1回アジアパシフィック鼻形成術エキスパートフォーラム ソウル大学耳鼻科主催

2009年11月6日~8日

第13回国際鼻形成術ワークショップ 中国、鄭州市

2010年11月7日

韓国第12回国際鼻形成術ワークショップDr. Dong-Hak Jung主催

2011年5月7日~8日

第9回Asan Rhinoplasty Symposium 韓国ソウル市

2011年6月4日~5日

第10回Anual International Rhinoplasty Course フィリピン マニラ市

2012年5月19日~20日

第10回Asan Rhinoplasty Symposium 韓国ソウル市

2012年6月16日~17日

Seoul Rhinoplasty Forum 2012韓国ソウル市

2013年5月31日

第11回Asan Rhinoplasty Symposium 韓国ソウル市

2013年12月3日

第17回国際鼻形成術ワークショップ 韓国ソウル市Dr. Dong-Hak Jung主催

2014年4月11日

第12回Asan Rhinoplasty Symposium 韓国ソウル市 

 

Dr.水野の米国美容外科学会への出席履歴

2002年2月7日~9日

第36回Baker Gordon美容外科シンポジウム 米国マイアミ市

2003年2月6日~8日

第37回Baker Gordon美容外科シンポジウム 米国マイアミ市

2004年2月5日~7日

第38回Baker Gordon美容外科シンポジウム 米国マイアミ市

2005年2月3日~5日

第39回Baker Gordon美容外科シンポジウム 米国マイアミ市

2006年2月2日~4日

第40回Baker Gordon美容外科シンポジウム 米国マイアミ市

2007年2月15日~17日

第41回Baker Gordon美容外科シンポジウム 米国マイアミ市

2008年2月7日~9日

第42回Baker Gordon美容外科シンポジウム 米国マイアミ市

2009年2月5日~7日

第43回Baker Gordon美容外科シンポジウム 米国マイアミ市

2010年2月11日~13日

第44回Baker Gordon美容外科シンポジウム 米国マイアミ市

2011年2月10日~12日

第45回Baker Gordon美容外科シンポジウム 米国マイアミ市

2012年2月9日~11日

第46回Baker Gordon美容外科シンポジウム 米国マイアミ市

2013年2月14日~16日

第47回Baker Gordon美容外科シンポジウム 米国マイアミ市

2014年2月13日~15日

第48回Baker Gordon美容外科シンポジウム 米国マイアミ市

2012年11月29日~12月1日

第32回 Cutting Edge 2012 米国ニューヨーク市

2013年12月5日~12月7日

第33回 Cutting Edge 2013 米国ニューヨーク市

2002年9月20日~22日

アメリカ顔面形成再建手術 アカデミー秋期学会 若返り治療についてカリフォルニア州サンディエゴ市

2003年1月23日~26日

米国美容外科アカデミー第19回年次集会 カリフォルニア州パームスプリングス

2005年1月28日~30日

アメリカ美容形成学会美容外科ニューホライズン カリフォルニア州インディアン・ウェルズ 

 

Dr.水野の鼻形成術発表履歴

2009年9月25日

第32回 日本美容外科学会総会 横浜市「鼻中隔延長術における鼻翼軟骨延長移植法」

2009年11月6日

第13回国際鼻形成術ワークショップ 中国、鄭州市「Extended augmentation rhinoplasty: Augmentation rhinoplasty using an autologous grafts with a septal extension graft」

2010年11月7日

第14回国際鼻形成術ワークショップ 韓国ソウル市「Extended augmentation rhinoplasty: Augmentation rhinoplasty using various autologous grafts with a septal extension graft」

2010年10月8日

第33回 日本美容外科学会総会 京都市「自家組織による隆鼻延長術」

2012年5月26日

第100回日本美容外科学会 東京都「隆鼻延長術Extended augmentation rhinoplasty: augmentation rhinoplasty with various autologous tissues with septal extension graft」

2012年8月25・26日

第8回 Ho Chi Minh City Society of Plastic &Aesthetic Surgery ベトナム、ホーチミン市「Extended augmentation rhinoplasty: augmentation rhinoplasty using an autologous grafts with a septal extension graft」

2012年9月22日

ICCS (international college of Cosmetic Surgery) 2012 韓国 プサン市「Extended augmentation rhinoplasty: augmentation rhinoplasty using an autologous grafts with a septal extension graft」

2013年10月18日

第36回日本美容外科学会総会 東京国際フォーラム「高さを出す鼻中隔延長術」2013年12月3日第17回国際鼻形成術ワークショップ 韓国ソウル市 「Three-step augmentation rhinoplasty with  septal extension grafts」

2014年4月6日

第57回 日本形成外科学会総会 長崎市 「鼻中隔延長術を組み合わせた自家組織による隆鼻術」2014年6月7日第102回 日本美容外科学会 東京ビッグサイト 「高さを出す鼻中隔延長術を組み合わせた3段階式隆鼻術」

2014年9月4日

第37回 日本美容外科学会総会 東京ドームホテル 「高さを出す鼻中隔延長術とシリコンプロテーゼによる隆鼻術との併用」

参考図書

  1. Sheen JH, Sheen AP. Aesthetic Rhinoplasty (2nd ed). St. Louis, Mosby, 1987.
  2. Tebbetts JB. Primary Rhinoplasty: A New Approach to the Logic and the Techniques. St. Louis, Mosby, 1998.
  3. Rees TD, LaTrenta GS. Aesthetic Plastic Surgery (2nd ed). Philadelphia, WB Saunders, 1994.
  4. Toriumi DM, Becker DG. Rhinoplasty Dissection Manual. Philadelphia, Lippincott Williams & Wilkins, 1999.
  5. Nolst Trenite GJ. Rhinoplasty. Amsterdam, Kugler Publications, 1992.
  6. Tardy ME. Rhinoplasty: The Art and the Science. Philadelphia, WB Saunders, 1997.
  7. Daniel RK. Rhinoplasty: An Atlas of Surgical Techniques. New York, Springer, 2002.
  8. Gunter JP, Rohrich RJ, Adams WPJr. Dallas Rhinoplasty: Nasal Surgery by the Masters. St. Louis, Quality Medical Publishing, 2002.
  9. Peck GC. Techniques in Aesthetic Rhinoplasty (2nd ed). Philadelphia, JB Lippincott, 1990.
  10. Park JI. Asian facial cosmetic surgery. Philadelphia, Saunders, 2007.
  11. Terino EO, Flowers RS. The art of alloplastic facial contouring. St. Louis, Mosby, 2000.

 

参考文献

  1. Tham C, Lai YL, Weng CJ, Chen YR. Silicone augmentation rhinoplasty in an oriental population. Ann Plast Surg 2005;54:1-5.
  2. Lam SM, Kim YK. Augmentation rhinoplasty of the Asian nose with the “bird” silicone implant. Ann Plast Surg 2003;51:249-256.
  3. Jung DH, Moon HJ, Choi SH, Lam SM. Secondary rhinoplasty of the Asian nose: Correction of the contracted nose. Aesth Plast Surg 2004;28:1-7.
  4. Conrad K, Gillman G. A 6-year experience with the use of expanded polytetrafluoroethylene in rhinoplasty. Plast Reconstr Surg 1998;101:1675-1683.
  5. Owsley TG, Taylor CO. The use of Gore-Tex for nasal augmentation: A retrospective analysis of 106 patints. Plast Reconstr Surg 1994;94:241-248.
  6. Jung DH, Choi SH, Moon HJ, Chung IH, Im JH, Lam SM. A cadaveric analysis of the ideal costal cartilage graft for Asian rhinoplasty. Plast Reconstr Surg 2004;114:545-550.
  7. Daniel RK. Diced cartilage grafts in rhinoplasty surgery : Current techniques and applications. Plast Reconstr Surg 2008;122:1883-1891.
  8. KangJG,RyuJ. Nasal tip surgery using a modified septal extension graft by means of extended marginal incision. Plast Reconstr Surg 2009;123:343-352.
  9. 水野 力. 鼻中隔延長術を併用した自家組織による隆鼻術. 日本美容外科学会会報 33:151-161,2011.
メール相談
 
アネシスオフィシャルサイト
 
アネシス料金表
 
 
アネシス美容外科
 
アネシスブログ